今だけ2か月無料。聞く読書はこちらから

セキセイインコと遊ぼう! 放鳥時の注意点や危険性

セキセイインコとのコミュニケーションを取るのに効果的なのが、放鳥です。インコと直接触れ合って遊ぶ時間は、インコの可愛い姿や表情を直に見られる放鳥は飼い主さんにとってはかけがえのない時間といえますよね。

放鳥と言っても、ただ室内にインコを放してやればいいわけではありません。

部屋の中はケージの中とは違い、人間にとっては平気なことでも実はインコにとっては危険がいっぱい。

今インコを飼っている方も、これから飼いたいという方にもぜひチェックして欲しいことがたくさんあります。では、早速見ていきましょう。

目次

放鳥って必要なの?

そもそもインコを飼う時に、「放鳥って必要なの? 」と思った方もいるかもしれません。セキセイインコにとって放鳥は必要で、できれば毎日してほしいお世話の一つです。それには2つのメリットがあります。

放鳥すると運動不足の解消になる1つは運動不足の解消です。インコはケージ内で餌を食べたり遊んだりして過ごします。本来なら、野生のインコたちは自分で餌を見つけていろんなところを飛び回って過ごしています。家庭で飼育しているセキセイインコは止まり木から止まり木をジャンプして渡ることはあっても、ケージ内では狭すぎて羽ばたくことができません。これではストレスも溜まってしまいます。ケージから室内に出してあげることで、思い切り羽ばたくことができ運動不足の解消になります。

放鳥で飼い主との信頼関係が築ける

もう1つのメリットは、飼い主さんとの信頼関係が築けることです。野生のインコは群れで生活しているため、一緒に過ごしている家族も自分と同じ群れの一員だと思って暮らしています。

ですから、放鳥しているときにはたくさん声かけをして一緒に遊んであげてください。

慣れないうちは見慣れないケージの外に出ることを怖がることもあり、良かれと思って無理やり出してしまうと怯えてしまいます。好きなおもちゃをケージの外に置いたりと、工夫して少しずつ慣れさせてください。

すっかり慣れたころには、ケージを開けると一目散に飼い主さんめがけて飛んでくるようになりますよ。

放鳥のときに気をつけること

最初の方にも書いたとおり、インコを放鳥するときは気をつけることがいくつかあります。

・決まった時間放鳥する

・窓や扉を閉める

・インコにとって危険なものを置かない

・インコから目を離さない

この4つが挙げられます。

窓や扉は外に逃げる可能性があるので、必ず閉めることはご存じの方も多いと思います。

では他にも詳しく見ていきましょう。

決まった時間に放鳥する

セキセイインコなどの鳥類は、規則正しい生き物です。毎日日の出と共に目覚め、日没に就寝します。できるだけ同じ時間帯に放鳥してあげることで、生活リズムも整います。

また放鳥する時間の長さですが、最低でも20分は取るようにしましょう。毎日決まった時間に放鳥していると必ず第sてもらえるという信頼感にもつながります。遊び足りないとストレスを溜めたり、肥満気味になってインコの健康にも良くありません。

ですがあまりにも放鳥の時間が長いと、放鳥している部屋をケージだと考えてしまうことも。そうなっては狭いケージに戻すのは一苦労です。

目安は20分以上1時間以内で、毎日続けられそうな時間帯に決めてくださいね。

放鳥する部屋の窓や扉を閉める

外に逃げないように部屋の窓や扉もしっかり締めましょう。気温の高い日に部屋の窓を開けて、網戸のまま放鳥するのもおすすめできません。網戸を突き破って外に逃げてしまった例もあるからです。外に逃げてしまっては見つけることはとても難しく、それまで人間に飼われていたインコが自然で生き延びることは厳しいでしょう。

窓を閉めた後は、カーテンも閉めてください。インコが勢いよく外に向かって飛ぼうとして、窓にぶつかって脳しんとうを起こすこともあります。最悪の場合は命を落とすことも。

外と室内の区別をさせるためにカーテンも必ず閉めましょう。

特に繁殖期のメスのセキセイインコは、狭いところによく入りこみます。室内のクローゼットや戸袋なども閉めて、インコがどこにいるのかを把握しやすい環境を作ってください。

セキセイインコにとって危険な物を置かない

放鳥する場所は、飼い主さんの自宅で放鳥することがほとんどです。実は人間にとって平気なものでも、インコにとっては危険な物がたくさんあります。

人間の食べ物を食べると命に関わることも。その他には事務用品、家電もインコにとっては危険な目に合う可能性がある物もあるんです。

チョコレート

チョコレートはインコが食べてしまうと中毒症状を起こしてしまいます。手軽に食べられて、馴染みのあるお菓子ですよね。

ですがセキセイインコなどの鳥類をはじめ、犬や猫にとっても命の危険がある人間の食べ物に必ずと言ってもいいほどよく挙げられます。

インコの見えないところに保管しておきましょう。

金属製の小物

鉛・亜鉛・銅の金属類でも、インコは中毒を起こします。

書類をまとめたりするのに便利なクリップや、無造作に置かれたピアスや硬貨など。日常で見慣れた光景ですが、インコが誤って口にすることもあるので必ずしまっておきましょう。

部屋の中から完全に金属製の物を無くすということは難しいですが、小物類であれば管理はできるはず。

電源コード

先ほどの金属製の小物にも共通しているのですが、電源コードに使われている銅線でも金属中毒を起こしてしまいます。

インコは興味のあるものをかじります。結構力も強いので気づかないうちに銅線までかじってしまうことも。金属中毒もそうですが、使用中の家電であればインコが感電してしまったり火災の危険もあります。

家電を移動するのは大変ですが、電源コードの保護カバーを使ってインコがコードをかじるのを防ぐこともできますよ。

観葉植物

室内にインテリアとして置いてある観葉植物もインコにとって有害な物があります。

モンステラやポトス、カラーといったサトイモ科の植物。これらの汁は、インコの口の中に炎症を起こし、嘔吐したり炎症により気道を塞いでしまい死に至ることもあります。

サトイモ科の観葉植物は、初心者にも育てやすいので家に置いている方も多いのではないでしょうか。観葉植物を置いている方はインコに有害な種類ではないかチェックしてみましょう。

扇風機

セキセイインコは自由に飛び回って飼い主さんの肩、テレビのやテーブルの上などいろんなところにとまりますよね。

扇風機の上に止まってうっかり足を踏み外してしまった場合、インコの足や羽が巻き込まれてしまい大怪我をしてしまいます。

テフロン加工の調理器具

テフロン加工されたフライパン・たこ焼き器・ホットプレートなどの調理器具が原因でインコが死んでしまうことがあります。

テフロン加工の製品は高温になると、鳥にとって有毒なガスが発生します。

通常の調理では特に問題がないようですが、フライパンなどを空だきしたときに出るガスを吸い込むことでインコは呼吸困難を引き起こし、死に至ることがあるのです。

調理中のキッチンにインコを放すことはとても危険です。

家族が調理をしている際に放鳥をする時には、換気をしっかりして別室で遊んでくださいね。

放鳥中のセキセイインコから目を離さない

放鳥していると、インコは思いがけない行動をすることがよくあります。フンだってします。インコにとって危険な物をしまうのをうっかり忘れてしまうこともあるかもしれません。

放鳥のときに起きる事故は、飼い主さんをはじめ一緒に住んでいる家族の見守りで防ぐことができます。

放鳥しているときは他の家族に必ず知らせる

インコを放鳥しているときは家族のみんなにあらかじめ知らせたり、放鳥しているエリアに入ろうとするときに他の家族が一目でわかるようにしましょう。放鳥していることを知らずに窓や扉を開けてしまい逃げることがあるからです。

またインコは飛び回って移動するだけではなく、地面に降りて移動することもよくあります。ソファーとクッションの間に潜り込んで遊ぶこともあり、知らずに部屋に入ってきた家族に踏まれてしまったり扉に挟まれる事故もあります。

放鳥している間は、スマホやテレビは一旦お休みしてインコを見守ってあげてください。

インコと一緒に遊ぶことで新たな一面を見つけましょう。信頼関係もより深まること間違いなしです。

まとめ

今回はセキセイインコの放鳥の時に気をつける注意点をまとめました。をみていきました。

インコの健康維持のためにも放鳥は毎日してあげてください。飼い主さんが名前を呼ぶと肩や手に飛んできて、止まってくることもあります。すごく可愛いですよね。放鳥する部屋にインコの好きなオモチャを持ってきて一緒に遊ぶのも楽しいですよ。

気をつけてほしいことは

・決まった時間に放鳥する

・放鳥する部屋の窓や扉を閉める

・セキセイインコにとって危険な物を置かない

・放鳥中のセキセイインコから目を離さない

です。インコの性格にもよりますが、今回の記事を読んで他にもヒヤッとした経験があるかもしれません。

少しの心がけでインコも飼い主さんをはじめ一緒に暮らしている家族も、安心して楽しく遊べるようになります。

放鳥中の事故が少しでも減りますように。みなさんも今一度チェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次