今だけ2か月無料。聞く読書はこちらから

初めて飼うセキセイインコにぴったりのケージ選び!ステンレスケージとは

セキセイインコのケージ選び
あおい

こんにちは!いつも読んでくださりありがとうございます!
この記事ではケージ選びについて解説しています

 

ケージ内で大半の時間を過ごすセキセイインコが快適に生活できるように、どのような点を重要視して選べばいいのか、今回はケージの種類や大きさや素材について紹介していきます 。

目次

セキセイインコにおすすめのケージはどうやって選ぶ? 

ケージの種類は沢山ありますが、大切なセキセイインコがストレスなく毎日を過ご

せることが大切です。

狭すぎるケージは、羽を広げた時にぶつかってしまったり、けがの原因にも繋がります。セキセイインコの体長は約20センチほどなので、複数で飼育するのであれば、余裕を持ったサイズのケージを選んであげましょう。 

セキセイインコなど、小型の種類であれば底が35センチ四方程度、オカメインコなど、中型の種類であれば底が45センチ四方程度のものが適しています。

止まり木や、おもちゃを購入する際は、ケージの大きさを考慮して選ぶようにしましょう。ブランコなどの動くおもちゃは案外スペースを取るので気をつけましょう。

ホームセンターやペットショップなどで、アルミ製のものや、プラスチック製、ステンレス製のものなど様々な素材のものが販売されています。

それぞれの特徴を知って、セキセイインコに合うケージを探してあげましょう。

セキセイインコが過ごしやすいケージの大きさ 

広々としたケージで飼育されているセキセイインコはとても幸せそうですよね。

たくさん動き回るスペースがあり、高さのあるケージであれば軽く羽ばたくことも可能です。放鳥の時間が取れない時でも、運動不足やストレスの解消にもなります。

おもちゃも数種類入れてあげることができるので、セキセイインコも飽きずに遊べるのはとても理想的です。

ご自宅に広めのケージを置く場所が確保できるのであれば、大きめのものを選んであげると良いでしょう。

セキセイインコにとって安全な素材は?ステンレスケージ・スチールケージなど

ほとんどのケージは金網で囲われています。

塗装されたワイヤーをセキセイインコがかじってしまうと、有害物質を食べてしまう危険性があります。安全性を考慮すると、ワイヤー部分は塗装されていないものの方が良いでしょう。

プラスチック製のケージは全面が水槽のように透明なアクリル板で囲われており、中のセキセイインコの様子をよく見ることができます。

また、エサの殻が床に飛び散ったり、抜けた羽毛がふわふわと床を舞うことが防げます。お掃除が少し楽になるのが良いですよね。

ただ、日本の夏は湿気がかなりあるのでケージ内の空気がこもりやすくなり、熱中症の原因にも繋がるので、注意が必要です。

スチールケージとステンレスケージの違い

スチールケージは金属の部分にメッキ加工をしています。

繰り返しの水洗いでメッキがはがれたり、酸化して変色したり、長く使うとサビたりします。

セキセイインコなど鳥類はくちばしが発達しているので、ケージをなめたりかじったりしてしまう場合があり、

メッキがはがれたケージをそのまま使用していると、インコが有害な物質を口にしてしまうことがあります。

それに対して、ステンレスケージては、セキセイインコがかじっても、中毒症状を起こす有害物質を摂取する可能性は低くて安全です。

また、水洗いしても錆びにくい点が人気の理由です。そもそもメッキ加工していないため剥がれることがなく、サビないため長く使えます。

定期的なお掃除も、まるごと水洗いができるので嬉しいですよね。飼い主さんにとっても簡単にお掃除が出来るというのはケージを選ぶにあたって重要なポイントになるのではないでしょうか。

ステンレスケージのメリット

ステンレスケージの方がスチールケージと比べると、丈夫な作りになっており安心して長期間使うことができるでしょう。

劣化により買い換えることや、長期間使用することを考慮すると、少し価格は上がりますが、はじめにステンレス製のケージを選んでいた方が後々、良かったと思えるでしょう。

また、ステンレス製は日々のお手入れで水洗いを何度も繰り返しても錆びにくい点がメリットと言えます。

スチール製も丁寧にお手入れをしてあげることで長く使うことは出来ますが、やはりステンレス製と比べると錆びるのは早いでしょう。

ステンレスケージのデメリット

スチール製の方がケージ自体が軽いので、お手入れをする時やお部屋を移動する際は運びやすく感じるでしょう。

またホームセンターなどで比較的購入しやすい価格で販売されているものは、スチールケージが多いでしょう。

一般のスチールケージと比べると同じサイズのものでもステンレスケージは価格設定がやや高目な点がデメリットと言えるでしょう。

まとめ

毎日一緒に過ごすセキセイインコのお家となるケージ選び。

大切なセキセイインコが快適に幸せに過ごせるように安全性を考慮した素材のもので、飼い主さんにとってもお世話をしやすいものを見つけましょう。

セキセイインコにちょうどよい代表的なステンレスケージ

サンコーのステンレスケージは、サイズが大きく価格も比較的お手頃です。錆びにくさや、安全性などからステンレス製が気になっていて、でもお値段を抑えたいという方におすすめです。下の部分も取り外しができるので、お手入れがしやすく便利でしょう。

ホーエイ
¥21,769 (2022/12/29 23:50時点 | Amazon調べ)

ホーエイのステンレスケージは、他社のものと比べると価格はやや高めになりますが、長期的に使用することを考えると壊れにくく丁寧なつくりでおすすめです。天井部分が大きく開くので、ハシゴタイプやアスレチックタイプの大き目のおもちゃを入れてあげるのも簡単です。

あおい

最後まで読んでくださってありがとうございました。

セキセイインコのケージ選び

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次